頭皮がかゆい!頭皮の皮脂分泌量はTゾーンの2倍?

「頭皮がかゆい!」と感じる方はいらっしゃいますか?

頭皮は身体の中で最も皮脂分泌が多い場所で、なんとTゾーンの皮脂量の約2倍もあるのです!

皮脂は身体に必要なものですが、過剰な皮脂は体温で温められて酸化し、頭皮トラブルへと繋がります。

正常な頭皮は、適度な水分と皮脂で守られており、どちらも良いバランスで保たれていますが、間違ったヘアケアやストレス、生活習慣などにより頭皮が乾燥するとバリア機能が低下し、外的刺激やストレスなどでもダメージを受けやすくなります。

頭皮の荒れは自力でも改善できますが、頭皮のかゆみは皮膚疾患の可能性もあるため、かゆみが続くようなら早めに皮膚科を受診しましょう!

こちらでは、頭皮がかゆくなる代表的な原因、対策をご紹介します。

⇓⇓⇓こちらはスゴイ!遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプー「スカルプセレブ」のご紹介です!


頭皮がかゆくなる原因

こちらでは、頭皮がかゆくなる原因について、ご紹介します。

季節の変わり目

季節の変わり目
頭皮の乾燥に関わる最も大きな影響として、季節の変わり目があります。

秋から冬にかけての季節の変わり目に、徐々に空気が乾燥してきますので、頭皮がかゆくなりやすくなります。

また、夏も冷房により室温と湿度が下がっている環境に長時間いるため、頭皮は乾燥してしまいます。

春から夏の季節の変わり目は、気温が上がることで汗腺の働きが活発になるので皮脂が出やすくなり、菌の繁殖もしやすくなり、かゆみを引き起こしやすくなります。

ストレス

ストレス
睡眠不足や疲労が溜まったり、食生活の乱れ、運動不足といった生活習慣が原因で身体にストレスを抱えると、頭皮のかゆみにつながります。

ストレスが溜まると無意識に頭を掻いてしまうクセがある方もいらっしゃいますよね?

ストレスを感じると頭皮環境も悪くなり、頭皮の乾燥や皮脂の増加、免疫の低下を招き、頭皮のかゆみを引き起こすのです。

シャンプーのしすぎ

シャンプーのしすぎ
頭皮がかゆいと何度もシャンプーをしたい気持ちになりますが、シャンプーのしすぎは頭皮に必要な皮脂までも奪ってしまい、さらにかゆみを悪化させる事になりますので、多くても1日1回までに控えましょう。

ヘアスタイリング剤

オイルやワックスなどのスタイリング剤の汚れは、頭皮に残ると毛穴詰まり、かゆみなどの炎症を起こしてしまいます。

頭皮のかゆみを防ぐためにもシャンプーやヘアスタイリング剤は、肌に優しい成分で作られているものを選びましょう。

洗髪時の洗い流し不足

日常的に使用しているシャンプーやコンディショナーも、洗い流しが不十分だと地肌が荒れてかゆみの原因となります。

頭皮の皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まると老廃物の排出が阻害されるため、皮脂が酸化して「過酸化脂質」という刺激物質がつくられ、これが肌に刺激を与えて炎症を起こすと、かゆみにつながります。

また、皮脂が過剰に分泌されると、皮脂を好むマセラチア菌などの雑菌が増加します。

マセラチア菌は皮脂を分解する作用がありますが、このときに脂肪酸を発生させるため、この脂肪酸が頭皮を炎症させることがあり、かゆみにつながります。

頭皮の乾燥

頭皮は、顔と同じ皮膚ですから、乾燥しすぎると肌を守ろうとするために、頭皮から過剰な皮脂が分泌されます。

女性の頭皮は、ホルモンバランスの乱れやストレスといった様々な環境の影響によって、顔よりも先に乾燥してしまう部分です。

頭皮が乾燥していると皮膚のバリア機能が低下するため、少しの刺激でかゆみが生じます。

⇓⇓⇓こちらは、かつてない爽快実感の薬用育毛剤「uruotteハーバルエッセンス」のご紹介です!


頭皮がかゆくならないための対策

頭皮がかゆくならないための対策
女性の頭皮がかゆいのは、正しい頭皮ケアができていないことが最大の原因といわれています。

こちらでは、頭皮がかゆくならないための対策をご紹介します。

季節の変わり目の頭皮対策

季節の変わり目の頭皮対策とてしては、保湿と低刺激のケアが大切です。

低刺激とは、刺激の少ないアミノ酸シャンプーや頭皮用化粧水などのケアで頭皮を労わりましょう。

洗髪から髪の乾かす方法

洗髪から髪の乾かす方法
頭皮が傷つく最も多い原因は、洗髪時の爪やシャンプーブラシによる強い摩擦です!

頭皮にかゆみがあると、どうしてもゴシゴシ洗うと頭皮も綺麗になる気がしますが、逆に頭皮を傷つけてしまい、頭皮の乾燥につながります。

頭皮が乾燥すると、皮脂分泌が過剰になり頭皮の常在菌が増え、かゆみ、ニオイ、フケが増えてしまう悪循環になります。

洗髪時は、頭皮を傷つけないために、指の腹で頭皮を優しく揉みこむようにして、余分な皮脂を浮かび上がらせて、洗うようにしましょう。

こちらでは頭皮を傷つけない洗髪方法をご紹介します。

ブラッシング&予洗い

シャンプー前に軽くブラッシングして、表面のホコリやほつれを取り除きます。

その後、ぬるま湯でしっかり予洗いする事で、おおまかな汚れを落とします。

シャンプーは泡立ててから

シャンプーは泡立ててから
シャンプーは、まず手に取ってからよく泡立てから頭皮に付けるようにしますが、商品にもよりますので、使用するシャンプーの使い方は、きちんと確認しましょう!

洗髪時のお湯の温度

頭皮の皮脂を溶かす温度は38度で十分です!

洗髪時に40度を超えるような熱めのお湯で洗う方が多いですが、乾燥してかゆみを引き起こす原因となるため、熱すぎるお湯で洗髪しないようにしましょう。

指の腹で優しく洗う

襟足から少しずつ頭頂部に向かい、指の腹を使って、頭皮をマッサージをするようにして血行を促すと効果的です。

爪を立てるのも厳禁!シャンプーブラシでゴシゴシ擦り過ぎる事もNG!です。

指の腹を使って、優しく洗ってあげてください。

すすぎはしっかり

シャンプー、コンディショナー、トリートメントは頭皮に残っていると、頭皮のかゆみの原因になるため、すすぎをしっかりとしましょう。

特に、頭皮にコンディショナーやトリートメントをつけると、毛穴に皮脂が詰まりかゆみを引き起こしますので、シャワーを下から上へ向かって流すとしっかりすすぐ事ができますよ。

コンディショナーやトリートメントは頭皮につけない

コンディショナーやトリートメントは、毛先と髪につけるのが基本です!

タオルを優しく押し当てる

洗髪のあとは、少しでも、ドライヤーを当てる時間を減らすために、優しくタオルを頭皮に押し当てるようにタオルドライします。

保湿とマッサージ

保湿とマッサージ
タオルドライ後に、頭皮用化粧水でや育毛ローションなどで保湿する事をおすすめします。

頭皮のマッサージは血行を促進するため、新陳代謝もよくなるので、肌の内側に栄養が行き渡り頭皮の環境が改善されます。

運動不足により筋肉量が不足してしまうと、頭皮に必要な栄養が届かずに血行不良となり、頭皮のかゆみを引き起こしてしまうこともあります。

頭皮に必要な栄養を行き届かせて血行促進させるために、頭皮マッサージをすると効果的です。

乾燥対策にもなるので、保湿成分だけでなく、炎症を抑えたり細菌の繁殖を予防する成分が配合されているものを選ぶと良いですね。

丁寧に優しく穏やかな頭皮ケアをして、頭皮を清潔&健康に保ち、かゆみを防ぎましょう!

⇓⇓⇓こちらは、かつてない爽快実感の薬用育毛剤「uruotteハーバルエッセンス」のご紹介です!


ドライヤーで乾かす

ドライヤーで乾かす
洗髪後の半乾きや自然乾燥は、雑菌が繁殖しやすくなりかゆみの原因となる為、ドライヤーを使って早めに乾かすようにしましょう。

ドライヤーは頭皮から10cm~30cm程度離して使いましょう!と言われていますが、熱いと感じない距離が、頭皮の乾燥を防止する適切な距離だと思います。

【ドライヤーを使用する際のポイント】
・頭皮から髪先へと乾かしていく
・時間をかけ過ぎない
・最後は冷風で引き締める

おすすめのシャンプー

おすすめのシャンプー
市販のシャンプーはいろいろな種類がありますが、成分表に「ラウリル硫酸ナトリウム」などの記載があるものは高い洗浄力を持つため、乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめしません。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーは、頭皮への負担も少ないので肌が弱くても安心して使えますが、洗い残しがあると石鹸カスが頭皮に残り、かゆみや炎症を引き起こす原因となるので、しっかりとすすぎましょう。

アミノ酸系シャンプー

頭皮がかゆいという女性は、洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーなどに切り替えることをオススメします。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が強すぎず、地肌にやさしいため敏感肌の方にもおすすめです。

⇓⇓⇓こちらはスゴイ!遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプー「スカルプセレブ」のご紹介です!


生活リズムを見直す

かゆみや乾燥を抑えるには、生活リズムを一定に保つことが大切です。

不規則な生活をしている場合は肌のターンオーバーを乱すため、規則正しい生活を意識し生活リズムを見直してみましょう。

⇓⇓⇓こちらは、かつてない爽快実感の薬用育毛剤「uruotteハーバルエッセンス」のご紹介です!