肌がピーン!プロテオグリカンの美容の効果

プロテオグリカンとは、タンパク質に糖が結合した糖タンパク質の一種です。

プロテオグリカンのプロテオとはプロテイン(protein)、つまりタンパク質を意味し、グリカンは多糖類を意味し動物の皮膚や軟骨に豊富に存在しています。

皮膚や軟骨、骨、血管など、私たちの体中のさまざまな場所に存在しているプロテオグリカンは、保水性に優れているため、美容面では、肌のハリや弾力、潤いを与える役割を担っています。

また、軟骨では、緩衝作用により関節の動きを助けるため、プロテオグリカンは健康食品、医薬品の原料などとして使用されています。

こちらでは、プロテオグリカンの美容の効果についてご紹介します。

この機会に、あなたのライフスタイルに健康食品やスキンケアで取り入れてみてはいかがでしょうか?

⇓⇓⇓製薬会社コーワが贈る!食べる美容ケア【植物発酵ジュレ】のご紹介です!


⇓⇓⇓ハリがわき上がる!フラコラ【プロテオグリカン原液】のご紹介です!


プロテオグリカンの効果

プロテオグリカンの効果
プロテオグリカンは、保水性に優れていることなどから、美肌効果が期待でき、肌の乾燥、ハリ、弾力、シワなどを日ごろから気にされている方にはおすすめの成分です。

また、副作用についても現時点では報告されておらず、塗布でも経口摂取でも安全に使用できる点が長所といえます。

高い保水力

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す効果もあるため、シミのもとになるメラニンの生成を抑える効果や、色素沈着の予防・改善が期待できます。

また、プロテオグリカンは、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があるといわれ、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す効果があるため、保水力をさらに向上させることができます。

皮膚や軟骨、骨、血管など、私たちの体中のさまざまな場所に存在しているプロテオグリカンですが、肌の真皮層のコラーゲン線維の間で水分や栄養素を蓄え、肌にうるおいやハリを与える役割をしています。

このように高い保水力のプロテオグリカンは、分子量がヒアルロン酸よりも小さく、肌の内部に深く浸透しやすいという特徴もありますので、高い保水性と浸透性により肌の乾燥を防ぎ、シミやシワ、たるみ、くすみなどの改善が期待できます。

EGF様作用

EGF様作用
プロテオグリカンには、美肌効果が期待できるEGF(上皮細胞増殖成長因子)に似た効果が確認されています。
EGF(上皮細胞増殖成長因子)とは、細胞の成長や増殖を促す因子のことでが加齢とともに減少し、細胞の再生機能が低下してしまいます。

EGF(上皮細胞増殖成長因子)が減少すると、肌のターンオーバー(新陳代謝)が遅くなり、肌の老化の原因となります。

EGF(上皮細胞増殖成長因子)はヒアルロン酸やコラーゲンの一種、I型コラーゲンの産生も促すため、シミの元になるメラニンの生成を抑え、色素沈着の予防や改善が期待できます。

このようなEGF(上皮細胞増殖成長因子)の細胞の成長や増殖を促す働きと、プロテオグリカンは似た働きがあるのです。

炎症を抑制する効果

プロテオグリカンには、体内で炎症を起こす細胞の生成を抑える、炎症抑制効果があるといわれています。

プロテオグリカンは、炎症を抑えるサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質)の働きを促し、この働きにより炎症を抑制し、肌のシワ、シミ、たるみなどの老化は、炎症を引き起こす免疫細胞の働きによって加速すると考えられていますので、プロテオグリカンは、免疫細胞の炎症を起こす働きを抑える働きがあり、老化を促進する活性酸素の発生も抑制するため、肌を若々しく保つ効果も期待できるのです。

この機会に、あなたのライフスタイルに健康食品やスキンケアで取り入れてみてはいかがでしょうか?

⇓⇓⇓製薬会社コーワが贈る!食べる美容ケア【植物発酵ジュレ】のご紹介です!


⇓⇓⇓ハリがわき上がる!フラコラ【プロテオグリカン原液】のご紹介です!